visio


visioというソフトで設計図を書いています。
ドロー系(ベクトル系)のソフトなら何でもよく、
そのプリンタ出力で切削機MDX-20を動かせます。
これはArrowCaseのN面。